南方研究室 大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻物質機能化学講座 精密合成化学領域

ホーム > メンバー
English

メンバー Member List at MINAKATA Lab.

Staff

Graduate Students

Under Graduate Students

Alumni

page top

教授 南方 聖司
Satoshi MINAKATA
教授 南方 聖司
□ 経歴
1988年 3月
大阪大学工学部応用精密化学科卒業
1993年 3月
大阪大学大学院工学研究科応用精密化学
専攻 博士後期課程修了
博士 (工学) (大阪大学)
1993年 4月
大日本インキ化学工業 (株)研究員
1995年 4月
大阪大学助手
1997年 10月
カリフォルニア工科大学客員研究員
(Erick.M.Carreira 研究室)
1998年 4月
大阪大学大学院助手
2000年 2月
大阪大学大学院講師
2002年 4月
大阪大学大学院助教授
2010年 4月
大阪大学大学院教授
大阪大学研究者総覧


□ ひとこと紹介
典型的な関西人。研究だけでなく教育とに熱く、学生ともあまり垣根を作らず接する為、他研究室の学生達からも大変慕われている。そのため、飲み会も非常に和気藹々としたものになるが、いつも最初につぶれるのは先生である。

准教授 武田 洋平
Youhei TAKEDA
助教 武田 洋平
□ 経歴
2005年 3月
早稲田大学理工学部応用化学科 卒業
(清水 功雄教授 指導)
2010年 3月
京都大学大学院工学研究科材料化学専攻
博士後期課程修了(檜山 爲次郎教授清水 正毅准教授指導) 博士(工学)取得
2010年 4月
京都大学大学院工学研究科 博士研究員 
マサチューセッツ工科大学化学科留学
(Timothy M. Swager 研究室)
2011年 2月
大阪大学大学院工学研究科附属
高度人材育成センター テニュアトラック助教
応用化学専攻 助教 (兼任)
2015年 4月
大阪大学大学院工学研究科
応用化学専攻 准教授
2015年 8月
日越大学(Vietnam Japan University)
Nanotechnology Program 非常勤講師(兼任)
2019年 6月
東京工業大学
科学技術創成研究院化学生命科学研究所
非常勤講師(兼任)
2019年 8月
文部科学省研究振興局 学術調査官(兼任)

Personal Website
研究ブログ(国際科学技術財団HP内)
大阪大学研究者総覧
化学フロンティア研究会
大阪大学連携型融合研究組織「分子技術を基盤としたイノベーション」

OCTA_logo

Horizon 2020 OCTA (Organic Charge Transfer Applications) Project

aquatic functional materials_logo

新学術領域研究「水圏機能材料」




□ ひとこと紹介
京都大学檜山研で御活躍されていた若きスター。MITへ留学された後南方研へ来ていただきました。写真の通りイケメンでみんなの心をつかむこと間違いなしです。趣味はギターだそうで高校はもちろんけいおん!部。いわゆるバリバリです。すでに御結婚されており愛妻家というウワサです。

助教 清川 謙介
Kensuke KIYOKAWA
助教 清川 謙介
□ 経歴
2007年 3月
大阪大学工学部応用自然科学科 卒業
2012年 3月
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻
博士後期課程修了(馬場 章夫教授指導) 博士(工学)取得
2012年 4月
大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 助教
Curriculum Vitae (C.V.)
大阪大学研究者総覧

□ ひとこと紹介
大阪生まれ大阪育ち。大阪大学馬場研でドクターを取られたばかりの大阪人助教。学生時代は研究と飲み会を楽しみに生活していたらしい。しかし、最近はめっきりお酒に弱くなってしまったという噂。これを機に、健康的なライフスタイルの確立を目指しており、当面の目標は研究と健康な体づくりの両立、とのこと。

事務補佐員 大曲潤子
Junko OHMAGARI
photo
□ ひとこと紹介
coming soon

page top

D3 和泉 彩香
Saika IZUMI
photo
□ ひとこと紹介
研究室開始時から熱心にがんばっている。そんな中、和泉さんの笑い声で和む場面が多い。野球での活躍も期待大!

□ 発表論文
1. “Thermally Activated Delayed Fluorescent Donor–Acceptor–Donor–Acceptor π-Conjugated Macrocycle for Organic Light-Emitting Diodes"

Saika Izumi, Heather F. Higginbotham, Aleksandra Nyga, Patrycja Stachelek, Norimitsu Tohnai, Piotr de Silva, Przemyslaw Data, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 1482–1491.
DOI:10.1021/jacs.9b11578

□ 受賞歴
1. ポスター賞(第29回基礎有機化学討論会, 2018年9月)

page top

M2 青木 翔平
Shohei AOKI
photo
□ ひとこと紹介
真面目なのかふざけているのかよくわからない。喋れば喋るほどボロが出るため自分の長所を台無しにしてしまっているところが彼の長所である。急にぶっ飛んだことを言い出すのが少し怖いが、心優しいのでご安心を。とりあえず膝と頭に抱えている爆弾をなんとかしましょう。
□ 発表論文
1. “Catalyst-Controlled Regiodivergent Ring-Opening C(sp3)–Si Bond-Forming Reactions of 2-Arylaziridines with Silylborane Enabled by Synergistic Palladium/Copper Dual Catalysis"
Youhei Takeda, Kaoru Shibuta, Shohei Aoki, Norimitsu Tohnai, and Satoshi Minakata
Chem. Sci. 2019, 10, 8642–8647.
DOI:10.1039/C9SC02507C
M2 浦島 愛世
Naruyo URASHIMA
photo
□ ひとこと紹介
M1からのニューカマー。竜宮城からやってきた南方研のフワフワ担当。高専時代は無機を学んでいたため、有機と無機の二刀流(になるため日々奮闘中)。チャリには乗れないけど、カメには乗れるよ。なるって呼んでね♪
M2 柿崎 優花
Yuuka KAKIZAKI
photo
□ ひとこと紹介
誰とも分け隔てなく話せる、明るい性格で、運動もできる活発な女子です。彼女がいると場が明るくなるような気がします。最近黒髪にして、さらに素敵になってきました。

□ 受賞歴
1. 優秀ポスター発表賞(第9回CSJ化学フェスタ 2019, 2019年11月)
M2 後藤 慎平
Shimpei GOTO
photo
□ ひとこと紹介
南方研のオラオラ担当。常にお腹をこわしている。同期の青木とは犬猿の仲であるが、青木いわく、彼は意外と素直らしい。入試時の成績が学科で一位という(過去の)栄光があり、そのポテンシャルは院試で発揮される(予定)。テニスサークルの代表を務めるというリーダー力もあわせ持つ、今後期待の星である。
M2 城 圭佑
Keisuke JOU
photo
□ ひとこと紹介
B4で一番細い肉体を持つ彼は見た目のチャラさとは裏腹に真面目に研究に取り組んでいる。それゆえ、みんなでファミールに行くときはいつも置いていかれがち。遠方からの通学でいつも眠そうな目をしているのは気のせいである。

□ 発表論文
1. "Transition-Metal-Free Intramolecular C−H Amination of Sulfamate Esters and N-Alkylsulfamides"
Kensuke Kiyokawa, Shogo Nakamura, Keisuke Jou, Kohji Iwaida, and Satoshi Minakata
Chem. Commun. 2019, 55, 11782–11785.
DOI:10.1039/C9CC06410A
M1 新田 優也
Yuya NITTA
photo
□ ひとこと紹介
京都が生んだゲラ王、新田・テルル・優也。笑いの沸点が低く、一日中笑っているため会話が全く成立しない。が、これもまた彼のかわいいところである。ボート部に所属しており日々多忙(多肪)な生活を送っているが研究にも力を入れると意気込んでいる。(probably)
M1 野口 育海
Ikumi NOGUCHI
photo
□ ひとこと紹介
一発ギャグの持ちネタは100個。日々の生活でもボケまくるが、豆腐メンタルなため構ってくれないと口数が減ってしまう。そのためか、ツッコミ担当の新田を愛している。好きな上がり役は七対子西地獄単騎待ち。最近は応化棟のアイドルを目指し活動している。
M1 細野 拓生
Takumi HOSONO
photo
□ ひとこと紹介
同期の中で唯一まともな男。あだ名は夜の帝王。毎朝コーヒーを飲むのが日課。アイスホッケー部に所属しており夜中まで練習するため細身の割にかなりの大食い。ポスト豊田を狙う旬なイケメンボーイである。最近麻雀を覚えだしたが負けが込んでいるようだ。お腹を触られると感じてしまう。
M1 三又 亮介
Ryosuke MIMATA
photo
□ ひとこと紹介
オッス!おら三又又三!!浪速が生んだマシンガントーク系男子☆野球、麻雀、お酒をこよなく愛する。最近では、自分でアルコールを合成して新しいお酒を造って飲んでるよ! ぜひ三股のつくったお酒を飲みたい方は南方研へ!!!
M1 山田裕貴
Yuuki YAMADA
photo
□ ひとこと紹介
突如現れたmonster、その生態については未だ不確定要素が多い。わかっているのはメタルが好きということ。実験室では伝説の○○モン、ラティオスと化しているが果たして捕まえられる猛者は現れるのだろうか…

page top




B4 石塚美羽
Miu ISHIZUKA
photo
□ ひとこと紹介
滋賀からやってきた女の子。あだ名は『いしづー』 見た目は大人しそうで可愛らしい笑顔が素敵な女の子だか、一度フットサルのピッチに上がればクリロナも驚くスーパーゴールを量産する鬼のエースストライカー、という噂もあるとかないとか… ちなみに口癖は『美味しいもの食べたい』である。
B4 川中一輝
Kazuki KAWANAKA
photo
□ ひとこと紹介
くしゃみがびっくりするくらい大きい。いじられキャラでキツイいじりをされることもあるが、Mなのでむしろ喜んでいる節がある。実は、数百人規模のサークルの元トップという一面を持ち、そのリーダーシップを発揮してこれからみんなを引っ張っていってくれるはず。
B4 中川 陸
Riku NAKAGAWA
photo
□ ひとこと紹介
一見寡黙な雰囲気に見えるが、話しかけると意外と話してくれる。阪神タイガースをこよなく愛する。そのため阪神の勝敗によってその日の気分が左右されやすい。阪神が勝った日に頼みごとをすればなんでも聞いてくれるかも、、?日中何もない所でこけそうになったり、モノを落としそうになるのをしばしば見かけるのが少し心配なところである。
B4 難波直大
Naohiro NAMBA
photo
□ ひとこと紹介
こてこての岡山弁でしゃべる方言男子。彼のチャームポイントは、自慢の長髪である。いつも熱心に研究しており、時折見せる笑顔が魅力的である。
B4 水上 学
Manabu MIZUKAMI
photo
□ ひとこと紹介
心優しき野球大好き青年。全国屈指の高校野球名門校出身(?)で、大学でも準硬式野球部に所属していた。阪大のミルクボーイの座を狙っているらしく、ほな〇〇やないかい!とツッコんでくれる相方を募集しているらしい。


page top