分子創成化学コース

精密資源化学領域(安田研究室)

教  授
安田 誠
助  教
西本 能弘
(オープンイノベーション教育研究センター)

助  教
小西 彬仁
(附属アトミックデザイン研究センター)

「単純な分子から高機能分子へ」

簡単な分子から、高度に機能化された化合物を合成することが精密有機合成の基本です。精密資源化学領では、資源的にも豊富な典型金属の特性を生かして、従来の手法では達成できない立体および官能基選択性などを有する反応の開発を行なっています。得られた成果は、機能性分子の合成、環境負荷軽減プロセスの構築、生命工学への応用といった領域に貢献します。分光学的な分析や理論計算等を利用した解析を大切にし、さまざまな側面から化学反応を見つめていきます。新触媒開発にも力を入れ、省資源を指向した研究を進めています。化学反応の基礎的な領域から実用的な開発まで幅広く研究を行なっています。

研究テーマ

  • ・インジウム触媒によるアルコールの直接変換による官能基化
  • ・スズ化合物の特性に基づく高選択的反応
  • ・ゲルマニウムの高還元力低ルイス酸性を利用した立体選択的炭素骨格構築
  • ・構造制御型13族金属錯体による新性状開発
  • ・生理活性物質前駆体の高効率合成
  • ・環境調和をめざした単純分子からの短工程炭素?炭素結合形成
  • ・計算化学による反応機構解明
ページのトップへ