南方研究室 大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻物質機能化学講座 精密合成化学領域

ホーム > メンバー
English

メンバー Member List at MINAKATA Lab.

2016年度卒業

2015年度卒業

2014年度卒業

2013年度卒業

2012年度卒業

2011年度卒業

2010年度卒業

page top

2016年度博士卒 岡崎 真人
Masato OKAZAKI
photo
□ ひとこと紹介
ほろ酔いの先生から500円をもらって、南方研を志望したクールプリチーボーイ。カルフールのクレーム処理のバイトで培ったことは、感情に左右されず笑顔でいること。実験に対するやる気は高く、闘志むき出しで実験している。南方研究室を引っ張るポテンシャルと覇気がある。

□ 発表論文
1. "Thermally Activated Delayed Fluorescent Phenothiazine-Dibenzo[a,j]phenazine-Phenothiazine Triads Exhibiting Tricolor-Changing Mechanochromic Luminescence"
Masato Okazaki, Youhei Takeda, Przemyslaw Data, Piotr Pander, Heather Higginbotham, Andrew P. Monkman, and Satoshi Minakata
Chem. Sci. 2017, 8, 2677–2686.
DOI: 10.1039/C6SC04863C


2. "Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Donor-Acceptor-Donor Compounds as Green-to-Red/NIR Thermally Activated Delayed Fluorescence Organic Light Emitters"
Przemyslaw Data, Piotr Pander, Masato Okazaki, Youhei Takeda, Satoshi Minakata, and Andrew P. Monkman
Angew. Chem., Int. Ed. 2016, 55, 5739–5744.
DOI: 10.1002/anie.201600113


3. "Ring-contractive and -Closing Skeletal Rearrangement of 1,1'-Binaphthalene-2,2'-Diamines (Binams) Induced by An Iodine-Containing Oxidant: Synthesis of Spiro[Benzo[e]Indole-1,1'-inden]-2-Amines and Application to An Aiee-active BF2 Complex"
Masato Okazaki, Kosuke Takahashi, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
Heterocycles 2016, 93, 770–782.
DOI: 10.3987/COM-15-S(T)33


4. "A Facile Synthesis of Functionalized 7,8-Diaza[5]helicenes through an Oxidative Ring-closure of 1,1’-Binaphthalene-2,2’-diamines (BINAMs)"
Youhei Takeda, Masato Okazaki, Yoshiaki Maruoka, and Satoshi Minakata
Beilstein J. Org. Chem. 2015, 11, 9–15.
DOI: 10.3762/bjoc.11.2


5. "Oxidative Skeletal Rearrangement of 1,1'-Binaphthalene-2,2'-Diamines (BINAMs) via C–C Bond Cleavage and Nitrogen Migration: A Versatile Synthesis of U-Shaped Azaacenes"
Youhei Takeda, Masato Okazaki, and Satoshi Minakata
Chem. Commun. 2014, 50, 10291–10294.
DOI: 10.1039/C4CC04911J


□ 受賞歴
1. 優秀ポスター発表賞(第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014年11月)
2. 最優秀講演賞(第43回複素環化学討論会,2013年10月)
M2 梅田 健広
Takehiro UMEDA
photo
□ ひとこと紹介
ウメちゃん。彼はとても勤勉で、日々熱心に実験に取り組んでいる。そして銀河の如く広い心と北斗の拳に出てきそうなマッチョボディを併せ持つ。そう、最強である。器械体操で養われたそのボディから繰り出す得意技は、前方一回半ひねり。とても真似できる技ではない。また、配属当初は失踪キャラとして周囲を驚かせたが、今では大分落ち着いた模様。南方研の愛されキャラ、ウメちゃん。今後の飛躍を期待してやまない。
M2 竹本 憲太
Kenta TAKEMOTO
photo
□ ひとこと紹介
今日も走り続ける。誰だってランナーだ。 時計は止められない。時間は一方向にしか流れない。 後戻りできないマラソンコースだ。 ライバルと競い合いながら、時の流れという一本道を、僕らは走り続ける。 より速く、一歩でも前に、その先に未来があると信じて。 必ずゴールはあると信じて。 人生は、マラソンだ。 ・・・でも、本当にそうか? 人生ってそういうものか?違う。人生はマラソンじゃない。 誰が決めたコースなんだよ。誰が決めたゴールなんだよ。 どこを走ったっていい。 どこへ向かったっていい。 自分だけの道があるんだ。 自分だけの道。そんなものあるのか?分からない。 僕らがまだ出逢ってない世界は、とてつもなく広い。 そうだ、踏み出すんだ。 悩んで、悩んで。 最後まで走り抜くんだ。 失敗してもいい。寄り道してもいい。 誰かと比べなくていい。 道はひとつじゃない。 ゴールはひとつじゃない。 それは、人間の数だけあるんだ。 すべての人生が、すばらしい。 誰だ、人生をマラソンって言ったのは。 それは竹本憲太です。 そんな彼が乗り回す真っ赤なバイクと補色関係にある緑の服を着ているイイ奴である。 そんな魔導士見習いの彼の過去は長髪でベースを掻き鳴らすバンドマンであるが、それはまた別のお話。 B4では貴重なツッコミは今後、南方研究室の正義となるだろう。  

□ 発表論文
1. "Oxidative Cyclization of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids Using Hypervalent Iodine Reagents: An Efficient Synthesis of 4-Substituted Furan-2-ones"
Kensuke Kiyokawa, Kenta Takemoto, Shunsuke Yahata, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Synthesis eFirts
DOI: 10.1055/s-0036-1588987


2. "Ritter-Type Amination of C–H Bonds at Tertiary Carbon Centers Using Iodic Acid as an Oxidant"
Kensuke Kiyokawa, Kenta Takemoto, and Satoshi Minakata
Chem. Commun. 2016, 52, 13082–13085.
DOI: 10.1039/C6CC07164C


□ 受賞歴
優秀ポスター発表賞(第36回有機合成若手セミナー, 2016年8月)
M2 平山 新
Arata HIRAYAMA
photo
□ ひとこと紹介
根は真面目で仕事は漏れなくこなす器用さを持つ。一方、いじられ役としてその地位を確立されつつあり、最近では苦手なチーズ料理に対するリアクションで注目を浴びるなど、そのポテンシャルは計り知れない。私服はオシャレだが、自慢の白パンが薬品で汚れてしまわないか心配である。

□ 受賞歴
優秀ポスター発表賞(第36回有機合成若手セミナー, 2016年8月)
M2 渡部 友貴
Tomoki WATANABE
photo
□ ひとこと紹介
基礎工学部システム科学科から有機化学への熱い思いのために南方研にやってきた。配属されて間もないが既に遅刻キャラの地位を築きつつある。しかし近々、今宮に引っ越すらしいので遅刻キャラの烙印を払拭することができるかが期待されている。 とてもいいやつで、初めて会った日から気軽に話せた。キャンパス内を彼と歩いているとサークルの女の子が彼に話しかけてくる。

page top



2015年度修士卒 小嶋 匠実
Takumi KOJIMA
photo
□ ひとこと紹介
のっぽで穏やかな彼は B4 唯一の自宅生。ぎりぎりまで自宅から通う予定だそう。実験をしつついつまで通学に耐えられるのか、ひそかに注目しています。

□ 発表論文
1. "Oxidative Cyclization of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids Using Hypervalent Iodine Reagents: An Efficient Synthesis of 4-Substituted Furan-2-ones"
Kensuke Kiyokawa, Kenta Takemoto, Shunsuke Yahata, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Synthesis eFirts
DOI: 10.1055/s-0036-1588987


2. "Iodine-Catalyzed Decarboxylative Amidation of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids with Chloramine Salts Leading to Allylic Amides"
Kensuke Kiyokawa, Takumi Kojima, Yusuke Hishikawa, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2015, 21, 15548–15552.


3. "Synthesis and Structure of Hypervalent Iodine(III) Reagents Containing Phthalimidate and Application to Oxidative Amination Reactions"
Kensuke Kiyokawa, Tomoki Kosaka, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 13719–13723.
DOI: 10.1002/anie.201506805


4. "Hypervalent Iodine(III)-Mediated Oxidative Decarboxylation of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids"
Kensuke Kiyokawa, Shunsuke Yahata, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2014, 16, 4646–4649.
DOI: 10.1021/ol5022433
2015年度修士卒 畑中 宏太
Kota HATANAKA
photo
□ ひとこと紹介
バスケットボールをやってきた彼はポスト O さんとして将来を期待されており、実 験に対する熱意は随一。最近じゃんけんに勝てなくなってきていることが秘かな悩み。

□ 発表論文
1. "Thieno[3,4-c]phosphole-4,6-dione: A Versatile Building Block for Phosphorus-containing Functional π-Conjugated Systems"
Youhei Takeda, Kota Hatanaka, Takuya Nishida, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2016, 22, 10360–10364.
DOI: 10.1002/chem.201602392


2. "Revisiting Phosphorus Analogues of Phthalimides and Naphthalimides: Syntheses and Comparative Studies"
Youhei Takeda, Takuya Nishida, Kota Hatanaka, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2014, 21, 1666–1672.
DOI: 10.1002/chem.201405494

□ 受賞歴
1. 優秀ポスター賞(第41回有機典型元素化学討論会,2014年11月)

page top

事務補佐員 四宮良美
Yoshimi SHINOMIYA
photo
□ ひとこと紹介
旧馬場研からヘッドハンティングした秘書さん。バリバリ仕事をする一方、所属する室内楽アンサンブルではリコーダー、トランペット、ホルンを担当するなど、趣味にも熱心に取り組んでいます。何事に対してもキッチリとこなすため、皆から頼りにされています。
2014年度博士卒 奥村 壮太
Sota OKUMURA
photo  
□ ひとこと紹介
ライオンのような髪を振りまき精密合成に入ってきた自称人気者。愛称レオル。同級生の女の子に手を出そうとする女好きということで有名である。体がぽっちゃりしていることがチャームポイントなような気もする。パーツパーツは可愛いともっぱらの評判である。しかしながら、意外と真面目で、実験もそつなくこなす。精密合成の期待の次世代エースである。

□ 発表論文
1. "Oxidative Dimerization of (Hetero)aromatic Amines Utilizing t‐BuOI Leading to (Hetero)aromatic Azo Compounds: Scope and Mechanistic Studies"
Sota Okumura, Chun-Hsuan Lin, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
J. Org. Chem. 2013, 78, 12090–12105.
DOI: 10.1021/jo402120w


2. "Hypervalent Iodine(III)-Induced Oxidative [4+2] Annulation of o-Phenylenediamines and Electron-Deficient Alkynes: Direct Synthesis of Quinoxalines from Alkyne Substrates under Metal-Free Conditions"
Sota Okumura, Youhei Takeda, Kensuke Kiyokawa, and Satoshi Minakata
Chem. Commun. 2013, 49, 9266–9268.
DOI: 10.1039/C3CC45469J


3. "A Practical Synthesis of Azobenzenes through Oxidative Dimerization of Aromatic Amines Using tert-Butyl Hypoiodite"
Youhei Takeda, Sota Okumura, and Satoshi Minakata
Synthesis 2013, 45, 1029–1033.
DOI: 10.1055/s-0032-1318388


4."Cyclizative Atmospheric CO2 Fixation by Unsaturated Amines with t-BuOI Leading to Cyclic Carbamates"
Youhei Takeda, Sota Okumura, Saori Tone, Itsuro Sasaki, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2012, 14, 4874–4877.
DOI: 10.1021/ol302201q


5. "Oxidative Dimerization of Aromatic Amines Using tBuOI under Mild Conditions: Entry to Unsymmetric Aromatic Azo Compounds"
Youhei Takeda, Sota Okumura, and Satoshi Minakata
Angew. Chem., Int. Ed. 2012, 51, 7804-7808.
DOI: 10.1002/anie.201202786


6. "Generation of Nitrile Oxides from Oximes Using t-BuOI and Their Cycloaddition"
Satoshi Minakata, Sota Okumura, Toshiki Nagamachi, and Youhei Takeda
Org. Lett. 2011, 13, 2966-2969.
DOI: 10.1021/ol2010616


□ 受賞歴
1. 学生講演賞(日本化学会第94春季年会, 2014年4月)
2. 優秀ポスター発表賞(第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年11月)
3. Dalton Transactions Oral Prize (第39回有機典型元素化学討論会,2012年12月)
4. 優秀講演賞(第39回有機典型元素化学討論会,2012年12月)
5. Chatt Prize(第15回ヨウ素化学会,2012年9月)
2014年度修士卒 上田 諭
Satoshi UETA
photo
□ ひとこと紹介
同志社大学からやってきた彼の名は、「うえだ」ではなく「うえた」。ホームページの写真が楽しそうだったから、が南 方研を志望した理由らしい。行きつけのラーメン屋は「来○亭」で、裏メニューを頼んじゃうほどである。 

□ 発表論文
1. "Oxidative Self-annulation of 2,5-Diaryl-3,4-diaminothiophene via C–C and C–S Bond Cleavage of the Thiophene Ring: A New Synthesis of an Amino-substituted Triarylthieno[3,4-b]pyrazines and Their Photophysical Properties"
Youhei Takeda, Satoshi Ueta, and Satoshi Minakata
Heterocycles 2017, 95, 137–144.
DOI: 10.3987/COM-16-S(S)11
2014年度修士卒 黒田 明伸
Akinobu KURODA
photo
□ ひとこと紹介
見た目はちゃら男。中身もちゃらちゃらしていると思いきや実はしっかり者。B4のリーダー的存在でいろんなことに率先して取り組みます。研究室では熱心に実験する彼の姿が。じゃんけんが弱いのがひそかな悩み。

□ 発表論文
1. "Palladium-Catalyzed Regioselective and Stereo-invertive Ring-Opening Borylation of 2-Arylaziridines with Bis(pinacolato)diboron: Experimental and Computational Studies"
Youhei Takeda, Akinobu Kuroda, W. M. C. Sameera, Keiji Morokuma, and Satoshi Minakata
Chem. Sci. 2016, 7, 6141–6152.
DOI: 10.1039/C6SC01120A


2. "Pd/NHC-Catalyzed Enantiospecific and Regioselective Suzuki-Miyaura Arylation of 2-Arylaziridines: Synthesis of Enantioenriched 2-Arylphenethylamine Derivatives"
Youhei Takeda, Yuki Ikeda, Akinobu Kuroda, Shino Tanaka, and Satoshi Minakata
J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 8544–8547.
DOI: 10.1021/ja5039616
2014年度修士卒 小坂 知輝
Tomoki KOSAKA
photo
□ ひとこと紹介
“ええ”声を持つ男。その美声はときに先輩のめざましになることも。研究室とバレー部を両立させるすごいやつ。その闘志には内なるものを感じさせる何かがある。が、案外マイペースな一面ものぞかせる、おもろいやつである。

□ 発表論文
1. "Synthesis and Structure of Hypervalent Iodine(III) Reagents Containing Phthalimidate and Application to Oxidative Amination Reactions"
Kensuke Kiyokawa, Tomoki Kosaka, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 13719–13723.


2. "Metal-Free Aziridination of Styrene Derivatives with Iminoiodinane Catalyzed by a Combination of Iodine and Ammonium Iodide"
Kensuke Kiyokawa, Tomoki Kosaka, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2013, 15, 4858–4861.
DOI: 10.1021/ol402276f


□ 受賞歴
1. Chatt Prize(第16回ヨウ素化学会,2013年9月)
2014年度修士卒 矢羽田 駿介
Syunsuke YAHATA
photo
□ ひとこと紹介
実験には真摯に取り組み、夜遅くまで頑張るものの、そのモチベーションはプリキュアとときメモによって保たれている阪大生らしい阪大生。しかしそのアニメ好きな一面からは想像もできないほど足が早く、M2の〇〇との戦いではその長いリーチで完勝した。 未来の姿が楽しみな逸材。ちなみに好きなプリキュアはキュアサニーです。

□ 発表論文
1. "Oxidative Cyclization of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids Using Hypervalent Iodine Reagents: An Efficient Synthesis of 4-Substituted Furan-2-ones"
Kensuke Kiyokawa, Kenta Takemoto, Shunsuke Yahata, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Synthesis eFirts
DOI: 10.1055/s-0036-1588987


2. "Hypervalent Iodine(III)-Mediated Oxidative Decarboxylation of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids"
Kensuke Kiyokawa, Shunsuke Yahata, Takumi Kojima, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2014, 16, 4646–4649.
DOI: 10.1021/ol5022433
2014年度修士卒 林 峻玄
Chun-Hsuan LIN
photo
□ ひとこと紹介
日本語を流暢に操り、キュートな笑顔が光る台湾から来た留学生。日本語は「こち亀」と「島耕作」で学んだらしい が、どうやらそれ以外も学んでいるようだ。熱心に研究に取り組む一方、休日は様々なところに出かけるなど彼の好奇心はとどまるところを知らない。 

□ 発表論文
1. "2-Halogenoimidazolium Salt Catalyzed Aza-Diels–Alder Reaction through Halogen-Bond Formation"
Youhei Takeda, Daichi Hisakuni, Chun-Hsuan Lin, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2015, 17, 318–321.
DOI: 10.1021/ol503426f


2. "Oxidative Dimerization of (Hetero)aromatic Amines Utilizing t‐BuOI Leading to (Hetero)aromatic Azo Compounds: Scope and Mechanistic Studies"
Sota Okumura, Chun-Hsuan Lin, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
J. Org. Chem. 2013, 78, 12090–12105.
DOI: 10.1021/jo402120w

2014年度学部卒 高橋 宏輔
Kosuke TAKAHASHI
photo
□ ひとこと紹介
裸にセーターを着る男前。チャラチャラしてそうにみえるが、実験に取り組む姿はとても真面目で、バイトと研究室を両立するタフガイ。字がとても綺麗で同期のH川君には見習って欲しいもの··· 最近はまっていることは変顔とのことでいじられたいお年頃。 

□ 発表論文
1. "Ring-contractive and -Closing Skeletal Rearrangement of 1,1’-Binaphthalene-2,2'-Diamines (Binams) Induced by An Iodine-Containing Oxidant: Synthesis of Spiro[Benzo[e]Indole-1,1'- inden]-2-Amines and Application to An AIEE-active BF2 Complex"
Masato Okazaki, Kosuke Takahashi, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
Heterocycles 2016, 93, 770–782.

DOI: 10.3987/COM-15-S(T)33


2014年度学部卒 菱川 友輔
Yusuke HISHIKAWA
photo
□ ひとこと紹介
昭和が生んだ最後の天才。彼が友人から50円で買ったという一発ギャグは一見の価値あり。 2か月前にカラオケで95点を叩き出したのが人生の絶頂であるという彼の得意なことはデート。よく100点の評価を受けるという。恋がしたい女の方は彼に赤マルチェックをつけておくことをおすすめする。

□ 発表論文
1. "Iodine-Catalyzed Decarboxylative Amidation of β,γ-Unsaturated Carboxylic Acids with Chloramine Salts Leading to Allylic Amides"
Kensuke Kiyokawa, Takumi Kojima, Yusuke Hishikawa, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2015, 21, 15548–15552.

DOI: 10.1002/chem.201503298


page top


2013年度修士卒 榎島 悟
Satoru ENOKIJIMA
photo
□ ひとこと紹介
のっぽでスリムな八頭身。通称エノキ(南方先生はえのき茸とよぶ)。イケメンながらも明るく、ひょうきんものであるためみんなから慕われている。笑いの引き出しも多く、カラオケや飲み会ではスーパースターに変身する。また、ラウンドワンでバイトをしており、ボウリングのウマさはサイババもびっくりするレベルという噂である。

□ 発表論文
1. "Straightforward and Versatile Synthesis of Fullerooxazoles from C60 and Carboxamides through Radical Reactions under Mild Conditions"
Youhei Takeda, Satoru Enokijima, Toshiki Nagamachi, Kazuhisa Nakayama, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 91–97.
DOI: 10.1021/ajoc.201200114

2013年度修士卒 西田 卓哉
Takuya NISHIDA
photo
□ ひとこと紹介
立命館大学からやってきた西田くん.学部の頃は液晶を勉強していたらしい.研究に対する人並みならぬ意欲をすでに感じられます.M1期待の星.

□ 発表論文
1. "Thieno[3,4-c]phosphole-4,6-dione: A Versatile Building Block for Phosphorus-containing Functional π-Conjugated Systems"
Youhei Takeda, Kota Hatanaka, Takuya Nishida, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2016, 22, 10360–10364.
DOI: 10.1002/chem.201602392


2. "Revisiting Phosphorus Analogues of Phthalimides and Naphthalimides: Syntheses and Comparative Studies"
Youhei Takeda, Takuya Nishida, Kota Hatanaka, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2015, 21, 1666–1672.
DOI: 10.1002/chem.201405494


3. "2,6-Diphospha-s-indacene-1,3,5,7(2H,6H)-tetraone: A Phosphorus Analogue of Aromatic Diimides with the Minimal Core Exhibiting High Electron-accepting Ability"
Youhei Takeda, Takuya Nishida, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2014, 20, 10266–10270.
DOI: 10.1002/chem.201403735


2013年度修士卒 久國 大地
Daichi HISAKUNI
photo
□ ひとこと紹介
阪大生の税金を吸い続けている名店【まるみ】(お魚がおいしい)ではたらいている。バイトと研究を両立できそうなスーパーボーイ。何事もそつなくこなし、テキパキと動く姿はまさにできる男。一見シャイに見えるが、とんでもない間違いで、こっそりと僕のおしりを触ってくるのでご注意です。

□ 発表論文
1. "2-Halogenoimidazolium Salt Catalyzed Aza-Diels–Alder Reaction through Halogen-Bond Formation"
Youhei Takeda, Daichi Hisakuni, Chun-Hsuan Lin, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2015, 17, 318–321.
DOI: 10.1021/ol503426f

page top


事務補佐員 本薗 千鶴子
Chizuko MOTOZONO
photo
□ ひとこと紹介
林研究室と南方研究室の事務補佐員をかけもちするスーパーな女性。研究室の雰囲気を明るくする才能があり、いつもみんなを笑顔にする素敵な女性です。娘さんの綺麗さはピカイチです。あだなは"姐さん"学生の野球大会にも喜んで参加してくれ、チームの大黒柱としてチームをひっぱってくれました。まさにエンジェルでした。しかし敗北したときの相手チームへのデビルのような一言は周りを震撼させました。
2012年度博士卒 長町 俊希
Toshiki NAGAMACHI
photo
□ ひとこと紹介
極めて真面目な彼だが、見た目はちゃらちゃらした詐欺師である。雨に濡れるのが嫌いで、雨の日はバイクに乗ってこない。OBの方々に、ヤツはできると言わしめた逸材。パーフェクト超人。でもアダ名はちまおさん。最近髪をパーマにしてノリノリです。ドクターになって研究室に泊らなくって僕はさみしい。

□ 発表論文
1. "Straightforward and Versatile Synthesis of Fullerooxazoles from C60 and Carboxamides through Radical Reactions under Mild Conditions"
Youhei Takeda, Satoru Enokijima, Toshiki Nagamachi, Kazuhisa Nakayama, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 91–97.
DOI: 10.1002/ajoc.201200114


2. "An Inclusion Complex of C60 with Organosilylated γ-Cyclodextrin: Drastic Enhancement of Apparent Solubility of C60 in Nonpolar and Weakly Polar Organic Solvents"
Youhei Takeda, Toshiki Nagamachi, Katsuaki Nishikori, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 69–73.
DOI: 10.1002/ajoc.201200160


3. "Selective Functionalization of Fullerenes with N,N-Dihalosulfonamides as an N1 Unit: Versatile Syntheses of Aza[60]fulleroids and Aziridino[60]fullerenes and their Application to Photovoltaic Cells"
Toshiki Nagamachi, Youhei Takeda, Kazuhisa Nakayama, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2012, 18, 12035–12045.
DOI: 10.1002/chem.201201680


4. "Generation of Nitrile Oxides from Oximes Using t-BuOI and Their Cycloaddition"
Satoshi Minakata, Sota Okumura, Toshiki Nagamachi, and Youhei Takeda
Org. Lett. 2011, 13, 2966–2969.
DOI: 10.1021/ol2010616


5. "The Diels-Alder reaction of C60 and cyclopentadiene in mesoporous silica as a reaction medium"
Satoshi Minakata, Toshiki Nagamachi, Kazuhisa Nakayama, Takeyuki Suzuki, and Takanori Tanaka
Chem. Commun. 2011, 47, 6338–6340.
DOI: 10.1039/C1CC11437A


6. "Aziridination of C60 with Simple Amides and Catalytic Rearrangement of the Aziridinofullerenes to Azafulleroids"
Ryoji Tsuruoka, Toshiki Nagamachi, Yuta Murakami, Mitsuo Komatsu, and Satoshi Minakata
J. Org. Chem. 2009, 74, 1691–1697.
DOI: 10.1021/jo8025737


7. "Ionic Introduction of an N1 Unit to C60 and Unique Rearrangement of Aziridinofullerene"
Satoshi Minakata, Ryoji Tsuruoka, Toshiki Nagamachi, and Mitsuo Komatsu
Chem. Commun. 2008, 323–325.
DOI: 10.1039/B715348A

2012年度修士卒 池田 雄紀
Yuki IKEDA
photo
□ ひとこと紹介
元陸上部ハンマー投げ選手。筋肉に包まれたターミネーター。とりあえず力仕事は任 せられる。見た目とは裏腹に同級生の中では一番の綺麗好き。しかしその見た目通り の大食い。

□ 発表論文
1. "Pd/NHC-Catalyzed Enantiospecific and Regioselective Suzuki-Miyaura Arylation of 2-Arylaziridines: Synthesis of Enantioenriched 2-Arylphenethylamine Derivatives"
Youhei Takeda, Yuki Ikeda, Akinobu Kuroda, Shino Tanaka, and Satoshi Minakata
J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 8544–8547.
DOI: 10.1021/ja5039616


2. "Nucleophilic Ring-Opening of N-o-Nosylaziridines with N-Chloro-N-Sodiocarbamate: Facile Preparation of Differentially Protected Vicinal Diamines"
Youhei Takeda, Yutak Murakami, Yuki Ikeda, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2012, 1, 226–230.
DOI: 10.1002/ajoc.201200070
2012年度修士卒 河合 萌
Hajime KAWAI
photo
□ ひとこと紹介
萌。しかし本人は“もえ”と呼ばれるのが嫌いらしい。研究に対しての姿勢はストイックであり、実験がうまくいけばさらに実験をするなど、内に秘めているものは大きい…。化学全般に関心を持っており、最近は有機金属を勉強しているとかしてないとか。また、化学の研究と並行して笑いやトーク技術の研鑚にも余念がないという噂。

□ 発表論文
1. "PCy3-Catalyzed Ring Expansion of Aziridinofullerenes with CO2 and Aryl Isocyanates: Evidence for a Two Consecutive Nucleophilic Substitution Pathway on the Fullerene Cage"
Youhei Takeda, Hajime Kawai, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2013, 19, 13479–13483.
DOI: 10.1002/chem.201301617

2012年度修士卒 錦織 克聡
Katsuaki NISHIKORI
photo
□ ひとこと紹介
Korikoriがあだ名。自称ではなく人気者である。ビビリであるが、大胆に行動する。どこでもうるさく、まさに南方研らしいみんなのムードメーカーである。普段着のスウェットはボロボロで、なんだかんだで真面目に実験をこなしていく

□ 発表論文
1. "An Inclusion Complex of C60 with Organosilylated γ-Cyclodextrin: Drastic Enhancement of Apparent Solubility of C60 in Nonpolar and Weakly Polar Organic Solvents"
Youhei Takeda, Toshiki Nagamachi, Katsuaki Nishikori, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 69–73.
DOI: 10.1002/ajoc.201200160
2012年度修士卒 矢野 和樹
Kazuki YANO
photo
□ ひとこと紹介
毎日電車に揺られ京都から通っている、が無駄にカバンがデカい。 そんなカバンに鍛えられることはなく体は水で構成されている。 その胸の質感はなんとも言えない。非常に賢く、研究にはまじめに取り組むが、意外と間が抜けている。

□ 発表論文
1. "Transition-metal-free Benzylic C–H Bond Intermolecular Amination Utilizing Chloramine-T and I2"
Youhei Takeda, Junpei Hayakawa, Kazuki Yano, and Satoshi Minakata
Chem. Lett. 2012, 41, 1672–1674.
DOI: 10.12461/cl.2012.1672
2012年度学士卒 丸岡 由明
Yoshiaki MARUOKA
photo
□ ひとこと紹介
「眼レフ」を使いこなす彼は実はク○バスの元編集長。ほとんど骨しかない体であるが意識は高く、もはや自意識過剰クラスである。 コンビニのバイトを土台に鍛えられたその根性で南方研ライフを堪能していく予定である。

□ 発表論文
1. "A Facile Synthesis of Functionalized 7,8-Diaza[5]helicenes through an Oxidative Ring-closure of 1,1’-Binaphthalene-2,2’-diamines (BINAMs)"
Youhei Takeda, Masato Okazaki, Yoshiaki Maruoka, and Satoshi Minakata
Beilstein J. Org. Chem. 2015, 11, 9–15.
DOI: 10.3762/bjoc.11.2

page top


特任研究員 Partha ROY
Partha ROY
photo
□ ひとこと紹介
インドから薬を作るために来日されたポスドク。歓迎会ではみんなに英語を教えていただきました。きっとこれからはみんなの英語の先生として頼られることと思います。ちなみに奥さんは宇山研におられます。He is good at fighting with JyangKeng.
2011年度博士卒 村上 雄太
Yuta MURAKAMI
photo
□ ひとこと紹介
現在のエース。南方研究室をまとめる頼れる学生リーダーである。体は鍛えられており、実験している姿は貫禄がある。寡黙な印象を受けるが、とんでもない間違いである。適当な受け答えはもはや職人技。Dに進学して、身に付けた技はチョコレートを一日一個で我慢すること。

□ 発表論文
1. "Nucleophilic Ring-Opening of N-o-Nosylaziridines with N-Chloro-N-Sodiocarbamate: Facile Preparation of Differentially Protected Vicinal Diamines"
Youhei Takeda, Yutak Murakami, Yuki Ikeda, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2012, 1, 226–230.
DOI: 10.1002/ajoc.201200070


2. "Diastereoselective Aziridination of Chiral Electron-Deficient Olefins with N-Chloro-N-sodiocarbamates Catalyzed by Chiral Quaternary Ammonium Salts"
Yutak Murakami, Youhei Takeda, and Satoshi Minakata
J. Org. Chem. 2011, 76, 6277–6285.
DOI: 10.1021/jo2010632


3. "Aziridination of C60 with Simple Amides and Catalytic Rearrangement of the Aziridinofullerenes to Azafulleroids"
Ryoji Tsuruoka, Toshiki Nagamachi, Yuta Murakami, Mitsuo Komatsu, and Satoshi Minakata
J. Org. Chem. 2009, 74, 1691–1697.
DOI: 10.1021/jo8025737


4. "Asymmetric Recognition and Sequential Ring Opening of 2-Substituted-N-Nosylaziridines with (DHQD)2AQN and TMSNu"
Satoshi Minakata, Yuta Murakami, Masamitsu Satake, Ikumasa Hidaka, Yuriko Okada, and Mitsuo Komatsu
Org. Biomol. Chem. 2009, 7, 641–643.
DOI: 10.1039/B821650A


5. "Catalytic Aziridination of Electron-Deficient Olefins with N-Chloro-N-sodiocarbamate and Application of This Novel Method to Asymmetric Synthesis"
Satoshi Minakata, Yuta Murakami, Ryoji Tsuruoka, Shinsuke Kitanaka, and Mitsuo Komatsu
Chem. Commun. 2008, 6363–6365.
DOI: 10.1039/B812978A
2011年度修士卒 三谷 由起
Yuki MITANI
photo
□ ひとこと紹介
南方研の女性研究者。研究室に入ってバッジ付のなぞなジャージを着こなし実験している。最初の実験のサンプルを派手にこぼすというおっちょこちょいの一面を持つ。飲み会の席では他研究室の先生に人気があるとかないとか。下宿をはじめ、実験そっちのけで女磨きに明け暮れているらしい。最近は就職も決まってまさにバカンスのようであります。
2011年度学士卒 利根 紗織
Saori TONE
photo
□ ひとこと紹介
南方研初の女学生。いつも笑顔でいるため、研究室の雰囲気を明るくする能力がある。ライトをガンガン浴びながら、カラムをもりもりかける様子からもわかるように実験に真面目に取り組んでいる。しかし、本人曰く、彼女はギャルではなくヤンキーらしい。

□ 発表論文
1. "Cyclizative Atmospheric CO2 Fixation by Unsaturated Amines with t-BuOI Leading to Cyclic Carbamates"
Youhei Takeda, Sota Okumura, Saori Tone, and Satoshi Minakata
Org. Lett. 2012, 14, 4874–4877.
DOI: 10.1021/ol302201q

page top


特任研究員 浅原 時泰
Haruyasu ASAHARA
photo
□ ひとこと紹介
南方研の特任研究員。知識豊富で、思いやりがあるため、みんなから非常に尊敬されている。野球もうまく、場も盛り上げられるスーパードクター!!しかしながら酒癖が悪い。朝は基本アルコールの香りがする。また酔うと変な踊りをする。口癖は「万死」。現在は南方研での仕事を完成させ、ドイツでウインナーを片手に、ビールを溶媒にして反応を仕込んでいます。南方研の魂を伝えにドイツのマイヤー研で研究中だそうです。
2010年度修士卒 中山 和之
Kazuhisa NAKAYAMA
photo
□ ひとこと紹介
最近の男前は気が小さいとの傾向を見事に引き継ぎ、ちまおさんからチキンの称号を受け継いだ二代目。得意技は「ヨイショ」。実家の奈良は遠く、通うには不便そうだ。意外と寂しがりやで家族を大事にしている。

□ 発表論文
1. "Straightforward and Versatile Synthesis of Fullerooxazoles from C60 and Carboxamides through Radical Reactions under Mild Conditions"
Youhei Takeda, Satoru Enokijima, Toshiki Nagamachi, Kazuhisa Nakayama, and Satoshi Minakata
Asian J. Org. Chem. 2013, 2, 91–97.
DOI: 10.1002/ajoc.201200114


2. "Selective Functionalization of Fullerenes with N,N-Dihalosulfonamides as an N1 Unit: Versatile Syntheses of Aza[60]fulleroids and Aziridino[60]fullerenes and their Application to Photovoltaic Cells"
Toshiki Nagamachi, Youhei Takeda, Kazuhisa Nakayama, and Satoshi Minakata
Chem. Eur. J. 2012, 18, 12035–12045.
DOI: 10.1002/chem.201201680


3. "The Diels-Alder reaction of C60 and cyclopentadiene in mesoporous silica as a reaction medium"
Satoshi Minakata, Toshiki Nagamachi, Kazuhisa Nakayama, Takeyuki Suzuki, and Takanori Tanaka
Chem. Commun. 2011, 47, 6338–6340.
DOI: 10.1039/C1CC11437A

page top