Uyama Laboratory 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻
高分子材料化学領域  宇山研究室

エコプラスチック研究会Eco Plastics Research Society

最新の話題・お知らせWhat's New・Topics

2020/11
宇山先生が毎日新聞に取り上げられました。→WEBニュースPDFNEW
2020/11
宇山先生がNHK関西のニュースに取り上げられました。→WEBニュースPDFNEW
2020/11
高分子学会第9回ポリマー材料フォーラムで小泉敦志くんが広報委員会パブリシティ賞を受賞しました。→賞状工学研究科のホームページNEW
2020/11
MBBP(Marine Biodegradable Bioplastics)開発プラットフォームを設立しました。→ホームページNEW
2020/10
日本接着学会関西支部第16回若手の会ポスター発表部門において、高井志帆さんと柏原優香さんがベストプレビュー賞を受賞しました。→高井さん賞状柏原さん賞状
2020/09
大阪大学NewsLetter No.83の先端研究に宇山先生が掲載されました。→阪大NewsLetter
2020/06
東洋経済ACADEMIC「SDGsに取り組む大学特集 Vol.2」に宇山先生の寄稿「海洋プラスチック問題を解決するバイオプラスチック」が掲載されました。→東洋経済WEBサイト
2020/05
第28回ポリマー材料フォーラムで尾崎愛莉さんが優秀発表賞を受賞しました。→
2020/04
宇山研究室の研究が4月11日、朝日小学生新聞1面に掲載されました。→朝日小学生新聞
2020/03
宇山研究室の研究トピックスを3月5日、プレスリリースしました。→関西TV毎日新聞日経新聞朝日小学生新聞日本経済新聞WEB朝日新聞朝日新聞Digital 大阪大学HP
2019/09
日本-東南アジアバイオプラスチック共同研究拠点ワークショップで山本達也くんがポスター賞を受賞しました。→賞状
2019/09
宇山先生のブルネイUTBでの講演の様子が現地新聞で紹介されました。→新聞記事
2019/09
第68回高分子討論会の日韓ジョイントセッションで麻生先生が招待講演をしました。→写真
2019/09
台湾で行われたジョイントシンポジウム2019TJBWで陳 佳欣さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。→賞状
2019/09
宇山研究室15周年同窓会を開催しました。約70名の参加により盛会となりました。→写真
2019/08
JSTさくらサイエンスプランによりインドネシア科学院物理学センターの若手研究者6人が8月25日~9月1日まで研究室に滞在しました→写真
2019/08
徐 于懿先生が応用化学専攻のホームページで紹介されました。→WEBページ
2019/07
徐 于懿先生が助教に着任されました。
2019/06
第8回JACI/GSCシンポジウムで藤原侑哉くんがGSCポスター賞をいただきました。→記事
2019/06
日本接着学会第57回年次大会で高井志帆さんがベストポスター賞をいただきました。→賞状
2019/05
第27回材料ポリマーフォーラムで賈燕坤さんと淺原先生が優秀発表賞をいただきました。→
2019/04
Springerから宇山先生が編集した本「Enzymatic Polymerization towards Green Polymer Chemistry」が出版されました。→WEBページ
2019/04
紙パルプ技術協会誌に宇山研究室の記事が掲載されました。→記事
2019/03
日本経済新聞に宇山先生の記事が掲載されました。→記事
2019/02
大阪大学工学研究科のホームページに宇山研の学生が登場しました。→東垣くん加藤くん田宮くん
2019/01
宇山先生が監修した「セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向」がシーエムシー出版されました。→HP
2019/01
朝日新聞の記事に宇山先生のコメントが掲載されました。→記事
2019/01
The 30th Society of Polymer Science, Japan Research Group on Polymer Gels Simposiumで加藤雅俊くんがSoft Matter Poster Prizeを受賞しました。→賞状
2018/12
中小機構のWebマガジンサイトで宇山先生が紹介されました。→Website
2018/12
第68回ネットワークポリマー討論会で東垣達也くんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。→賞状
2018/11
第40回日本バイオマテリアル学会大会で菅原章秀くんが優秀研究ポスター賞を受賞しました。→賞状
2018/09
10thMoDeSt2018で水野竣介くんがBestPoster賞を、楊棹航さんがGrantAwardを受賞しました。→水野くん賞状楊さん賞状
2018/08
5月に受け入れた鄭州大学の報告がさくらサイエンスプログラムのホームページで公開されました。→さくらサイエンスプログラムHP
2018/07
第64回高分子研究発表会で麻生先生がヤングサイエンティスト講演賞を、山本達也くんがエクセレントポスター賞を受賞しました→麻生先生賞状山本くん賞状受賞記念写真
2018/07
日本-東南アジアバイオプラスチック共同研究拠点サテライトシンポジウム(マレーシア)で銭晨くんがベストポスター賞を受賞しました→賞状
2018/07
セルロース学会第25回年次大会で菅原章秀くんが優秀ポスター賞を受賞しました→賞状
2018/06
第7回JACI/GSCシンポジウムで賈燕坤さんがGSCポスター賞を受賞しました→賞状
2018/06
第67回高分子学会年次大会で星銀河くんが優秀ポスター賞を受賞しました→賞状
2018/06
日本接着学会第56回年次大会で菅原萌さんがベストポスター賞を受賞しました→賞状
2018/03
高分子学会17-3エコマテリアル研究会で菅野智成くんがポスター賞を受賞しました→賞状
2017/11
CU-Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Studyで銭 瑾さんがベストポスター賞を受賞しました→授賞写真, 賞状
2017/10
第67回ネットワークポリマー講演討論会で菅原萌さんがベストポスター賞を受賞しました→授賞写真, 賞状
2017/10
宇山教授がDistinguished Award 2017 for Novel Materials and their Synthesisを受賞しました→授賞式
2017/10
ホームページをリニュアルしました。
2017/09
宇山教授が高分子学会三菱化学賞を受賞しました。 →Webページ, 受賞式
2017/08
菅原萌さんと菅野智成くんが“Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study”Symposiumでポスター賞を受賞しました。 → 菅原さん賞状菅野くん賞状
2017/07
宇山研主催で日本-東南アジアバイオプラスチック共同研究拠点シンポジウムを開催しました。 →ホームページ
2017/05
菅原萌さんが第66回高分子学会で優秀ポスター賞を受賞しました。→賞状
2017/05
王旗棟さんがICBP2017でベストポスター賞を受賞しました。→賞状
2017/02
麻生隆彬先生が准教授に着任されました。
2016/12
菅野智成くんが日本化学会CSJ2016 優秀ポスター発表賞を受賞しました。→賞状
2016/07
向星宇さんが第23回セルロース学会年次大会優秀ポスター賞を受賞しました。→賞状
2016/05
牛靖淵さんが第65回高分子学会年次大会優秀ポスター賞を受賞しました。→賞状
2016/02
日経産業新聞に宇山先生の研究に関する記事が掲載されました。→記事
2015/12
笠原 朋樹くんが第65回 ネットワークポリマー講演討論会でベストプレゼンテーション賞を受賞しました。→賞状
2015/12
「第10回女子中高生のための関西科学塾」における宇山研究室での実験風景が学内紙の表紙を飾りました。 →男女共同参画ニュース
2014/09
沈 炫希さんが 第8回 GSC Student Travel Grant Award を受賞しました。→賞状
2014/05
10周年同窓会を開催しました。→OB会
2013/11
朴 成彬さんと沈 炫希さんがICBP2013で、 Poster Paper Awardを受賞しました。→賞状
2013/02
宇山教授がWAOサイエンスパークで紹介されました。→こちら
2012年以降
過去のお知らせ→こちら,過去のメディア掲載→こちら

宇山研究室での研究活動About us

Research purpose 宇山研究室での取り組み

 現在、社会では経済成長と環境保全を両立させ、かつ環境を重視した技術イノベーションが必要とされています。 宇山研究室では、持続的に発展可能な社会の構築に貢献できる技術(Sustainable Technology)を 高分子新素材の開発により具現化することを目標として、グリーン、バイオ、ナノを融合させた新概念・新手法に基づく機能性高分子新素材に関する 研究開発を行っています。天然素材は自然界において重要な役割を果たしており、人類によって作られる材料では到底及ばない高性能・高機能の材料です。 研究室の一つの柱であるバイオマスプラスチックに関する研究では、自然界におけるバイオマス資源を原料として利用した高分子材料(バイオマスプラスチック)を創製し、 ナノレベルで成形加工する手法の開拓により高分子材料に新しい機能を付与することで資源循環、環境保護は元より、再生医療、新エネルギーにも 貢献できる技術を開発しています。材料の基本的性質と成形加工により生じる新たな特性を融合することで、材料の新用途を創出する研究を実践しています。 宇山研究室ではこのような取組みにより環境に優しい未来型高分子材料の設計指針を示し、その具現化により大学独自の基盤研究はもとより、 産学連携にも積極的に取り組み、その成果が社会に還元されることを目指しています。
 2020年10月現在、特任を含め教員6名、ポスドク3名、秘書2名、技術補佐員1名、招へい教員2名、派遣職員3名、博士課程学生13名、修士課程学生14名、 学部学生6名の合計50名が在籍しています。 特筆すべきは外国人比率が約40%(22人)と高いことです。中国からの留学生が大半を占め、 加えてマレーシア、フィリピン、インド、台湾、アゼルバイジャン、ベトナム、ミャンマー、タイからの留学生も在籍しています。
*最近の記事より 「大学と夢を語ろう」 Click here
*工学研究科ウェブサイトの研究紹介ページ Click here

Research Activity

宇山教授の論文・著書・講演などは大阪大学研究者総覧をご覧ください。  こちら
You can see the Academic Papers, publications etc of Prof. Uyama on Osaka University website.  Click here

Equipments & Measuring instruments 設備・装置

研究室では各種測定機器を保有し、研究活動を行っています。 Click here
We have and hold several Equipments & Measuring instruments in Uyama Laboratory.

Lecture Movies 宇山教授の講義を夢ナビで体験できます。

高校生向けの体験型イベント「夢ナビ」のサイトで宇山教授の講義ご覧いただけます。
■環境にやさしいプラスチックが地球を救う Click here
■納豆由来の力で肌をいつまでも美しく健やかに Click here