鳶巣研_Research

 


Home Research Member Publications Life of Lab English

 

Research


 「新規な反応および機能システムの創製」

有機化学を基盤として、新反応・新物質・新機能をキーワードに多彩な研究を展開しています。反応開発においては、既存の手法とは反応機構や結合の変換形式が根本的に異なる分子変換の創出を目指します。機能性π共役系分子の創製や生体分子の機能を活かしたシステムも構築しています。

研究テーマ

・遷移金属錯体触媒による「強い結合」の変換反応

・ヘテロ原子ー金属種の特異な反応性を活用した新奇反応

・機能性π共役系分子の創製

・共役系レドックスシステムの設計と有機合成および機能性材料への応用

・生体機能共役システムの構築

 

 以下は旧機能有機化学領域から取り組んできた研究項目です。

 

・ペプチド誘導体の自己組織化に基づく不斉構造規制場の構築 [1]

・ポリペプチドの高次構造を利用した分子集積システム [2]

・バイオインスバイアードされた触媒的臭素化システム [3]

・核酸塩基誘導体の自己組織化に基づく機能性分子システムの開発 [4]

・共役錯体の配位場制御と機能制御 [5]

など

代表論文

[1] Moriuchi, T.; Hirao, T. Acc. Chem. Res. 2010, 43, 1040(http://dx.doi.org/10.1021/ar100022n).

[2] Moriuchi, T.; Yoshii, K.; Katano, C.; Hirao, T. Chem. Lett. 2010, 39, 841 (http://dx.doi.org/10.1246/cl.2010.841).

[3] Kikushima, K.; Moriuchi, T.; Hirao, T. Chem. Asian. J. 2009, 4, 1213 (http://dx.doi.org/10.1002/asia.200900142).

[4] Moriuchi, T.; Sakamoto, Y.; Noguchi, S.; Fujiwara, T.;Akine, S.; Nabeshima, T.; Hirao, T. Dalton Trans. 2012, 41, 8524 (http://dx.doi.org/10.1039/C2DT30533J).

[5] Moriuchi, T.; Hirao, T. Acc. Chem. Res. 2012, 45, 347 (http://dx.doi.org/10.1021/ar2001205).

 

・酸化的および還元的クロスカップリング反応システムの開発 [6,7]

・有機レドックス触媒システム [8]

・1電子移動型レドックス反応システム [9]

・自己ドープ型導電性高分子の開発 [10]

・ボウル型π共役系分子スマネンに基づく化学:合成・材料応用・錯体触媒創製 [11]

など

代表論文

[6] Oxidative cross-coupling: Amaya, T.; Maegawa, Y.; Masuda, T.; Osafune, Y.; Hirao, T. J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 10072 (http://dx.doi.org/10.1021/jacs.5b05058).

[7] Reductive cross-coupling: Miyasaka, A.; Amaya, T.; Hirao, T. Chem. Eur. J. 2014, 20, 1615 (http://dx.doi.org/10.1002/chem.201303946); Amaya, T.; Kurata, Y.; Hirao, T. Org. Chem. Front.2016, 3, 929 (http://dx.doi.org/10.1039/c6qo00107f).

[8] Amaya, T.; Suzuki, R.; Hirao, T. Chem. Commun. 2016, 52, 7790 (http://dx.doi.org/10.1039/c6cc03053j).

[9] Amaya, T.; Hata, D.; Hirao, T. Chem. Eur. J. 2015, 21, 16427 (http://dx.doi.org/10.1002/chem.201501969).

[10] Amaya, T.; Abe, Y.; Inada, Y.; Hirao, T. Tetrahedron Lett. 2014, 55, 3976 (http://dx.doi.org/10.1016/j.tetlet.2014.04.115).

[11] Amaya, T.; Hirao, T. Chem. Rec. 2015, 15, 310 (http://dx.doi.org/10.1002/tcr.201402078).


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Copyright(c)All right reserved. The Tobisu Group.