AWARD

SHGSC Japan Award of Excellence 2020 受賞者決定

SHGSC Japan Award of Excellence 2020の受賞者は下記の2名の方に決定いたしました。おめでとうございます。

小野 公輔 先生(東京工業大学理学院)
南  豪  先生(東京大学生産技術研究所)

SHGSC Japan Award of Excellence 2020 募集要項

概要

ホスト-ゲスト・超分子化学研究会では,SHGSC Japan Award of Excellence 2020候補者を募集いたします。本賞は,ホスト-ゲスト化学あるいは超分子化学の発展に寄与する業績をもつ若手研究者(2021年4月1日現在45歳以下)に贈呈されるものです。本賞の受賞者はホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム(2020年6月6日,大阪大学)にて表彰されます。また、受賞者には,同シンポジウムで受賞講演をお願いするとともに,Springer 社発刊 Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry 誌に総説を寄稿していただきます。掲載論文には "SHGSC Japan Award of Excellence 2020" と明示されます。募集要項は下記の通りです。奮ってご応募下さい。

応募資格

2021年4月1日において45歳以下であり,過去5年以内に本シンポジウムでの口頭発表実績(登壇者に限らない)があること。また,総説執筆時にCorresponding Authorとなれる方。応募は自薦とする。

応募方法

1~7の項目をまとめた上,下記の応募先までE-mailにてお送りください。

1 応募者氏名
2 研究題目
3 所属/連絡先
4 研究経歴
5 研究業績の概要 (日本語で500字程度)
(概要中で文献を引用する場合には,業績リスト中の論文番号と対応させること)
6 業績リスト(形式自由):主な論文,報文,総説,解説記事,著書などのリスト(10編程度。査読付き)。論文などについては,印刷中(in press)の論文は記載できますが,投稿中の論文は記載できません)
7 過去5年以内の本シンポジウムにおける発表実績(発表題目,全発表者名(登壇者に下線),口頭・ポスターの別,シンポジウム名,年月の情報を含めること)

提出書類作成上の注意

A4用紙に40字×40行程度とし,10~12ポイント程度のフォントを使用して下さい。

応募受付

2020年1月6日(月)~2020年2月7日(金)(必着)

応募先

大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 木田研究室
木田 敏之
kida<at>chem.eng.osaka-u.ac.jp (<at>を @ に変更してください。)
なお,Subject欄に「SHGSC Japan Award 2020応募」と記載してください。

注意事項

受賞者に2020年秋頃を締切として提出を依頼する総説原稿は,ホスト-ゲスト・超分子化学研究会で選任した審査員が審査します。後日,修正や加筆などを求めることがあることをあらかじめお含みおきください。

ページの先頭へ