大阪大学工学部応用自然科学科応用化学科目
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻

分子創成化学コース

応用化学領域図一覧に戻る

反応分子化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 三浦 雅博

准教授 平野 康次

助教 西井 祐二

本研究室では、一酸化炭素などの小分子から石油・石炭由来の巨大分子まで、様々な有機分子を対象に、その高度利用を図るための反応を設計し、工業的利用につながる基盤的研究を行っています。具体的には、(1)医薬品中間体やパイ共役系機能性材料などの有機ファインケミカルズの合成、ならびに(2)有機分子機能化を可能とする高性能触媒の開発を行っています。

分子設計化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 茶谷 直人

准教授 福本 能也

助教 阿野 勇介

新しい有機合成反応の開発を目指しています。特に有機金属錯体触媒を用いた新触媒反応の設計・開発を中心に研究を行っています。一例として、長年の課題であった炭素-水素結合切断を利用した有機合成反応の開発に成功しました。私たちの発見の後に、世界中の多くの研究者が追随研究を行っております。さらに炭素-酸素結合や炭素-ケイ素など他の不活性結合切断へと展開し、機能性物質の効率合成が達成できました。

分子相関化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 木田 敏之

准教授 森 直

助教 重光 孟

本研究領域では、「キラリティー」、「光」、および「エントロピー」という3つのことばをキーワードに分子間相互作用の解明とその統一的理解を目指し、これらの弱い相互作用を利用した反応制御・合成手法の開発を行うとともに、「フォトカイロジェネシス」と称されるキラル光反応を中心に、実験ならびに理論化学をあわせて活用し、新しい領域横断的な学問領域である分子相関化学に関する教育と研究を行っています。

有機工業化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

准教授 松崎 典弥

有機工業化学領域では、スタッフ、院生、学生が一丸となり、実用化を視野に入れた分子設計により高機能性の新規材料の開発に取り組んでいます。特に、多糖類やアミノ酸、タンパク質、乳酸由来の自己組織化集合体や生分解性高分子を用いた環境適合性材料および生体適合性材料の開発を行っております。

精密資源化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 安田 誠

助教 西本 能弘

助教 小西 彬仁

簡単な分子から、高度に機能化された化合物を合成することが精密有機合成化学の基本です。精密資源化学領域では、資源的にも豊富な典型金属の特性を生かして、従来の手法では達成できない立体および官能基選択性などを有する反応の開発を行なっています。得られた成果は、機能性分子の合成、環境負荷低減プロセスの構築、生命工学への応用といった領域に貢献します。また、研究途上で得られた予期せぬ現象を迅速に新テーマとして設定し進めていく柔軟性を常に意識して研究を進めています。

触媒合成化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 神戸 宣明

講師 岩﨑 孝紀

当研究室では、遷移金属触媒を用いた新規な炭素―炭素および炭素―ヘテロ原子結合の生成反応の開発研究を行っています。特に遷移金属上に負電荷を有するアニオン性錯体の反応性に着目し、不活性な結合の切断を伴った炭素骨格の構築手法の開発を進めています。また、酸素族高周期元素やフッ素と有機基を同時に導入する反応や、安価な炭素源を利活用する合成手法の開拓にも取り組んでいます。

触媒合成化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 生越 専介

准教授 大橋 理人

講師 星本 陽一

遷移金属錯体分子は種々の分子変換反応の触媒として作用し、複数の分子から新たな分子を一挙に構築することが可能です。しかし、多数の触媒反応が開発されてきたものの、その中身(機構)の大部分はブラックボックスに入ったままでした。生越研究室では主にニッケルやパラジウムを用いた触媒反応を開発するのみならず、錯体化学の手法を駆使することにより触媒系の深部にまで光を照らすことをモットーとし、反応中間体の実証とこれを鍵とする新規触媒系の構築にも取り組んでいます。

機能有機化学領域

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 鳶巣 守

講師 雨夜 徹

助教 兒玉 拓也

当研究室では、遷移金属、π共役系分子、生体分子をキーワードにこれらを活用した機能性分子システムの構築を行っています。

励起分子化学研究分野

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

准教授 藤塚 守

准教授 川井 清彦

准教授 小阪田 泰子

助教 藤乗 幸子

光および放射線により誘起される励起分子化学と機能分子化学を基盤として、空間的・時間的に制御した多種多様なビームを利用したビーム制御化学や、分子・反応場の立体的・電子的・構造的・化学的性質を利用した反応制御化学の手法を用いた新しい「ビーム機能化学」の研究を行っています。「ビーム機能化学」の目指す方向は、高次元反応制御や、新機能性分子・高機能性材料、特に人工生体分子デバイスの創製への展開です。

ソフトナノマテリアル研究分野

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

准教授 家 裕隆

有機物質の機能を分子レベルで解明し制御することを基盤として、優れた電子・光機能を有する化合物の開発および有機・分子エレクトロニクスへの応用を目指しています。拡張π共役分子の設計・合成と物性化学から機能とデバイス評価までの一貫した研究を行っています。応用分野としては、有機電界効果トランジスタ (OFET)、有機太陽電池 (OSC)、単分子エレクトロニクス、を対象としています。

環境化学講座

領域ウェブサイト
領域ウェブサイト

教授 芝田 育也

准教授 角井 伸次

助教 鈴木 至

環境安全研究管理センターにおいて研究を行っている。有機材料や医薬品合成の鍵となる中間体を効率よく合成する新たな方法を開発している。すなわち、環境にやさしい反応として、副生成物の産出しない方法やエネルギーを必要としない触媒反応を開発する。目的達成ために典型金属種を基軸として、高機能な試薬や触媒を開発する。さらに、環境に有害な有機物質の微量分析について、GC-MSを用いた研究を行っている。