Research

 生体中で様々な機能を発揮するタンパク質の多くは3次元の立体構造をとって初めて機能し、我々の生命活動の維持に深く関わっています。
 20世紀の三大発見の1つとされる抗生物質のペニシリンが、標的タンパク質(細菌内のペプチドグリカン合成酵素)の働きを「制御」することによって効果を発揮するように、未解決の疾患に対する薬剤を開発するには、疾患関連の標的タンパク質を「探索」し、その機能を詳細に解明すると共に、これを「化学」の力で制御する必要があります。
 私たちの研究室では、主にⅩ線結晶構造解析法を用いてタンパク質の機能を原子レベルで解明し、低分子や抗体を用いた医薬品の開発を推進する一方で、独自に開発した新規な標的タンパク質の探索技術を駆使することによって、新たな診断薬の開発に
挑戦しています。

新しい結晶化方法の開発とその応用・・・「創晶プロジェクト」
SOSHO project Venture from Osaka Univ.

pagetop