Presentations

2018年度

2018年7月30日~8月3日

14th International Symposium on Tardigrada・ University of Copenhagen(Copenhagen, Denmark)

【口頭発表】
Launching out into structural genomics on anhydrobiotic tardigrades 
〇Yohta Fukuda, Yoshimasa Miura, Kim JeeEun, Takuro Matsusaki, Sim Kee Shin, Yang Lixin, Tsuyoshi Inoue

2018年6月26日~28日

第18回 日本蛋白質科学会年会・ 朱雀メッセ(新潟)

【ワークショップ】
SACLAの先端技術がもたらす構造生物学研究のブレイクスルー  
オーガナイザー:溝端 栄一、 南後 恵理子(理研)
【Poster】
Crystal structure of Stibenoid O-glycosyltransferase from Phytolacca americana 
〇Rakesh Maharjan, Taisuke Nakayama, Eiichi Mizohata, Yohta Fukuda, Shin-ichi Ozaki, Hiroki Hamada, Tsuyoshi Inoue
【ポスター】
破傷風毒素膜貫通ドメインの構造解析 
〇井元喜弘、福田庸太、溝端栄一、南谷武春、安居輝人 井上豪
【Poster】
Kumaglobin: a hexacoordinated heme protein unique to anhydrobiotic tardigrade, Ramazzottius varieornatus 
〇JeeEun Kim, Yohta Fukuda, Eiichi Mizohata, Tsuyoshi Inoue

2018年6月14日~15日

第5回 JACI/GSCシンポジウム・ ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸)

【ポスター】
二酸化塩素を用いた高分子表面光酸化反応 / Photochemical Polymer Surface Oxidation with Chlorine Dioxide 
〇浅原 時泰、 井上 豪、 大久保 敬
【ポスター】
二酸化塩素によるポリN-イソプロピルアクリルアミドの表面酸化反応 / Surface oxidation of Poly(N-isopropylacrylamide) with chlorine dioxide 
〇三浦 良将、 浅原 時泰、 麻生 隆彬、 宇山 浩、 大久保 敬、 井上 豪










pagetop