Presentations

2018年度

2018年6月26日~28日

第18回 日本蛋白質科学会年会・ 朱雀メッセ(新潟)

【ワークショップ】
SACLAの先端技術がもたらす構造生物学研究のブレイクスルー  
オーガナイザー:溝端 栄一、 南後 恵理子(理研)
【Poster】
Crystal structure of Stibenoid O-glycosyltransferase from Phytolacca americana 
〇Rakesh Maharjan, Taisuke Nakayama, Eiichi Mizohata, Yohta Fukuda, Shin-ichi Ozaki, Hiroki Hamada, Tsuyoshi Inoue
【ポスター】
破傷風毒素膜貫通ドメインの構造解析 
〇井元喜弘、福田庸太、溝端栄一、南谷武春、安居輝人 井上豪
【Poster】
Kumaglobin: a hexacoordinated heme protein unique to anhydrobiotic tardigrade, Ramazzottius varieornatus 
〇JeeEun Kim, Yohta Fukuda, Eiichi Mizohata, Tsuyoshi Inoue

2018年6月14日~15日

第5回 JACI/GSCシンポジウム・ ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸)

【ポスター】
二酸化塩素を用いた高分子表面光酸化反応 / Photochemical Polymer Surface Oxidation with Chlorine Dioxide 
〇浅原 時泰、 井上 豪、 大久保 敬
【ポスター】
二酸化塩素によるポリN-イソプロピルアクリルアミドの表面酸化反応 / Surface oxidation of Poly(N-isopropylacrylamide) with chlorine dioxide 
〇三浦 良将、 浅原 時泰、 麻生 隆彬、 宇山 浩、 大久保 敬、 井上 豪










pagetop