分子創成化学コース

分子設計化学領域(茶谷研究室)

教授
茶谷 直人
准教授
福本 能也
助教
阿野 勇介

「新しい有機合成反応の開発を目指す」

新しい有機合成反応の開発、特に有機金属錯体の特性を利用した新規触媒反応の研究を中心に行っています。さらに、ルイス酸を用いた有機合成反応の研究や、新しい有機合成反応剤の設計・開発も行っています。これらの研究成果を通して、複雑な骨格を持つ化合物の簡便合成や、地球環境に対してより低負荷型の合成手法の実現を目指しています。

研究テーマ

  • ・C-H、C-C結合など不活性結合の直接切断を経る有機合成反応の開発
  • ・活性中間体の効率的捕捉を経る分子変換の新手法の開発
  • ・新しい反応剤の設計とその特性を活かした有機合成反応への展開
  • ・シンプルな化合物から複雑な炭素骨格への一段階構築法の開発
  • ・新しい触媒的一酸化炭素導入反応の開発
ページのトップへ