物質機能化学コース

物性化学領域

准教授
佐伯 昭紀

「物性評価を基盤とした新たな機能性有機・ハイブリッド材料の創成と基礎科学の解明」

光を電気に変換する有機太陽電池では、励起状態や正・負電荷のダイナミクスが素子の性能に大きな影響を与えます。さらに、材料を構成する有機材料の分子構造はもとより、バラバラな分子が集まることによって形成する集合体構造、熱力学に基づく分子運動など多岐にわたる自由度が存在しています。本領域では光やマイクロ波といった電磁波分光法を駆使したユニークな評価装置と手法を開発し、新たな高機能共役高分子材料の開発と基礎物性解明を目指します。

研究テーマ

  • ・有機、ハイブリッド太陽電池の開発と光電変換ダイナミクスの解明
  • ・有機機能材料の物性解明を目指した新たな評価手法の開発
  • ・共役高分子の設計・合成とエネルギー材料への展開
ページのトップへ