物質機能化学コース

構造有機化学領域(林 研究室)

教 授
林 高史
准教授
小野田 晃
助 教
大洞 光司
(オープンイノベーション教育研究センター)

「新しい生体機能材料の開発」と「金属錯体の化学」~低分子金属錯体からタンパク質まで~

ユニークな有機分子や生体高分子によって形成される配位空間構造を利用した金属錯体の構築に着目し、生体機能分子・バイオ金属錯体の創製、超分子自己組織体の形成、新規薬理活性物質の合成、テトラピロール系金属錯体の構造および反応性の解明を行い、有機化学・生化学・錯体化学をカバーした学際新領域の開拓を目指しています。具体的には、ヘムタンパク質の高機能化・機能改変、様々なポルフィリン誘導体の反応性・構造の解明、ナノ・マイクロバイオマテリアルの創製、タンパク質マトリクスの特異環境を利用した金属錯体をベースとする触媒反応システムの開発を実施しています。

研究テーマ

  • ・分子デザインに基づく人工補因子を用いた天然機能を凌駕する改変タンパク質創製への挑戦
  • ・ケミカルミューテーションによるヘムタンパク質の機能解明:ヘムプロピオン酸側鎖の役割
  • ・タンパク質複合体をベースにした光化学反応システムの構築
  • ・環状テトラピロール化合物の合成・構造・反応性
  • ・新しい金属酵素の創製
  • ・ナノ・マイクロスケールの生体超分子集合体の形成
ページのトップへ