物質機能化学コース

構造物理化学領域(井上研究室)

教 授
井上 豪
講 師
溝端 栄一
助 教
福田 庸太

「立体構造に基づくドラッグデザイン、新機能酵素の開発」

タンパク質、核酸などの生体高分子の持つ化学的あるいは物理的性質をその構造に基づいて明らかにし、応用化研究へと繋げることを目的としています。具体的には、疾患に関わるタンパク質のドラッグデザイン、光合成CO2固定酵素の改変、生体高分子の新規結晶化技術の開発などを行っています。

研究テーマ

  • ・疾患に関わるタンパク質の立体構造に基づくドラッグデザイン
  • ・CO2固定酵素及び関連酵素の構造決定およびその改変
  • ・新しい結晶化技術の開発とその応用
  • ・光合成系の電子伝達蛋白質の構造-機能相関
  • ・高度高熱菌由来蛋白質の構造-安定性相関
  • ・触媒活性をもつ有機金属化合物の構造化学
ページのトップへ