受賞

「第7回CSJ化学フェスタ2017」で学生5名が優秀ポスター発表賞を受賞!

10月17日(火)~19日(木)にタワーホール船堀(東京都)で盛大に開催された「第7回CSJ化学フェスタ2017」(主催:日本化学会)。その「学生ポスター発表」で、応用化学専攻の学生5名が優秀ポスター発表賞を受賞しました。


CSJ化学フェスタとは、「最先端の化学と化学技術に関する産学官の交流深耕による化学、化学技術及び産業の発展への寄与とイノベーション強化」「化学の成果と未来に向けた化学の貢献努力の社会への発信」という二つの趣旨のもと、多彩な企画が行われる一大イベントです。


優秀ポスター発表賞は、8分野 合計1,073件の発表の中から、1)研究に対して発表者が十分に寄与していること、2)質疑応答に優れていること、3)独自性が認められ、今後の発展が期待できること、の3つの観点で審査されました。


受賞された学生は以下の通りです。
おめでとうございます!



優秀ポスター発表賞 受賞者


[物理化学分野]

笹井 賢司(櫻井研 M1)
金ナノクラスターとヨードアレーンとの錯形成による発光挙動の解析


[有機化学分野]

藤本 隼斗(鳶巣研 M1)
光異性化特性を有するπ共役系マクロサイクルの合成と構造


松原 巨(茶谷研 M1)
イリジウム触媒を用いた2-アルキルピリジンのベンジル位炭素-水素結合のシリル化


[錯体・有機金属化学分野]

長谷川 卓己(櫻井研 M1)
スマネン誘導体を用いた多孔性錯体高分子


[天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー分野]

西 宏基(有機工業化学領域 M1)
コラーゲンマイクロファイバーを用いた沈殿培養法によるiPS細胞由来心筋線維化モデルの構築


閉じる
HOMEへ